ファッジ、トフィー、キャラメルどれが好きですか?
私は、高価なファッジじゃなくてもTescoやsainsberyのファッジをイギリスに行くと何袋も買ってしまいます。
ファッジ、トフィー、キャラメルって似てるけど、その違いって、何でしょう。どうやら、それは、成分のバランスや料理方法にあるようです。柔らかい順にいくと次のとおり。
まず、ファッジは、砂糖とバターに牛乳やクリームを加えて作りますが、温度は、224−223°F(118-120℃)いわゆるsoftball stageで、砂糖濃度は、85%までとなるので、水分がキャラメルやトフィーよりあるから、ソフトなのですね。

次にキャラメルは、砂糖にゆっくりと注意深く火をくわえて作るもので、昔からの伝統時なものだとクリームだったり、牛乳、コンデンスミルクなどを入れて、Firm ball stage 245-250°F(118-121℃)低い温度です。

最後にトフィーですが、砂糖とバターで作るもので、キャラメルよりは、高い温度でして、300-300°F(149℃ー154℃)いわゆるhard crack stageと言われるまで、砂糖濃度が99%で、水分はほとんどありません。