イギリス全寮制ボーディングスクール留学・英国ジュニア夏休みサマースクール・子ども短期&長期留学・トビタテ!留学JAPANを応援するイギリス専門留学エージェント

MENU

英国留学コラム

イギリスまめ知識

イングリッシュローズ

前回の国花の話で、フランスの国花に薔薇はないのが私には、意外でした。ベルサイユの薔薇とかのイメージもあったかもしれないですが、薔薇のパトロンと言われたジョセフィーヌの存在です。今、薔薇の種類は、かなりの数がありますが、最 …

英国の国花 薔薇

イギリスの国花flower emblemは、薔薇 (イングランドは、チューダーローズ、ウェールズラッパスイセン、北アイルランド シァムロック、 スコットランド アザミ) 国花をバラとする国って意外とあるのですね。 ルクセ …

ウェディングドレスの白

6月、ジューンブライドは幸せになるとかで、結婚式の季節ですね。 ところで、昔の王室のウェディングドレスは、金や銀の刺繍糸の豪華絢爛なものだったのです。しかし、18歳で女王となったヴィクトリアは、恋愛結婚で、それまでとは違 …

色を使った英語表現

ウイリアムシェイクスピアの言葉、オセロに It is the green-eye’d monster which doth mock the green-eyed って何 緑の目?ではなく、嫉妬深いとかいう意味があります …

誰にでも平等に音楽を

音楽を聴くと、元気になったり、すっきりしたり、心に響いてきます。誰にだって、自分では避けれないほどの悲しい出来事に遭遇する時ってあると思います。例えばとても近い人との別れだったり、そんな時に音楽に支えられたって人も多いの …

英国の偉人 モダンデザインの父 ウイリアムモリス 

モダンデザインの父 ウイリアムモリス 
 「実用に値しないもの、美しいと思わないものを家においてはならない」という彼の有名な言葉の通り、スデンドグラスや家具、壁紙など住まいの実用品の中に美を追求した彼は、英国史上デザイン …

英国の起業家 リチャードブロンソン卿

起業家精神というのを世界的に見るとアメリカが一位なのかと思っていたら、そうでなく、1位はドイツで、日本は、2位だそうです。イギリスはというと4位です。そんなイギリスで、起業家といえば、リチャードブロンソン卿 ヴァージン航 …

植物のために 未来のために

イギリスのガーデンといえば、キューガーデンが有名ですが、ちょっと足を伸ばしてコーンウェルまで行くと、イギリスが世界に誇る植物のための壮大なものにエデンプロジェクトと呼ばれるものがあります。 土の中の穴である小さな陶土ピッ …

英国の作家 ロアルドダール 

ロアルドダール 昨年生誕100周年を迎えたイギリスの作家 映画にもなり、そのメッセージ性の強いストーリーから子供も大人も楽しめるチャーリーとチョコレート工場は、彼の作品の一つです。 彼は、1916年に南ウェールズ Lla …

鉛筆 柔らかくて温かみのある線に一日浸るのもいいかも

今日は、鉛筆の日です。 鉛筆の起源は、イギリスにあったようです。先日ルーツを探る話のテレビ番組で紹介されていました。 1550年に羊飼いが黒鉛を偶然見つけ、他者の羊と区別するためにその石に羊の毛を巻いて目印をつけたそうで …

« 1 2 3 4 11 »

☆留学に便利な提携サイト☆




PAGETOP