Dark hour (邦題 ウインストンチャーチル ヒトラーから世界を救った男) が3月30日から劇場で公開になりましたね。私も機内で一足お先に見たのですが、素晴らしかったです。

第2次世界大戦勃発後、ナチスドイツの勢力がヨーロッパの国々に伸び、イギリスにも危機が迫ります。そんな中、英国の首相に着任したばかりのウィンストンチャーチル
(ゲイリーオールドマン)は、ヒトラーとの和平をすべきなのかそれとも徹底抗戦をしていくべきなのかと言う決断に迫られます。
ウィンストンチャーチル卿の判断次第では、今の世界はどうなっていたでしょうか。

この映画で、チャーチル役のゲイリーオールドマンは、アカデミー主演男優賞を受賞してます。そして、この映画を成功させてるのは、実話に基づく迫力あるストーリー演技だけでなく、そこに関わった人の存在です。

それは、ゲイリーオールドマンからの要望で特殊メイクを施し、見事にメイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞した辻一弘氏です。

まだの方は、ぜひぜひ観ていただきたい作品です。