PPE (Politics Philosophy Economics) 政治・経済・哲学 

昔は、官公庁への勤務や政治家を目指す人たちの主流は、ラテンギリシャ文学や歴史哲学考古学などを勉強する学位を学ぶことでした。
しかし、政治経済の思想がもともと哲学から始まったして、哲学が原点とするPPEの学位が1920年にオックスフォード大学のBalliol collegeで始まり、今では、ウォーリック大学 ヨーク大学、ロンドン大学などのイギリスでの上位の大学を始め、オランダのライデン大学、アイルランドのダブリン大学、アメリカのエール大学など数多くの大学で取り入れられています。

イギリスの政界やメディアではPPE卒業生は、多いのですが、それに限らず、やはり、本家オックスフォード大学のPPEは、イギリスのキャメロン首相だけでなく、オーストラリアの二人の前首相トニーアボット氏やマルコムフレーザー氏 パキスタン前首相、タイ前首相、ガーナ前首相、ペルー前首相、セイロン前首相など数多くの首相や政治家だけでなく、TEDのキュレーターのクリスアンダーソン氏などメディア関係者も多く輩出してます。学友同士が、それぞれの異国の首相ですなんて、スケールの違いを感じます。

そんな世界中から優秀な学生が集まるイギリスの大学では、ディベートやクリティカルシンキング(批判的思考法)批判的に物事を考えることが、非常に重視されます。日本では、先生が言ったことを暗記して、それをテストで書き写すようなことがけっこうまだ行われていますが、イギリスでは全く評価されません。矛盾が生じるとかそれが本当に正しいのかという批判的に物事を考えることが求められます。クリティカルシンキングは、グローバルに活躍をするには重要になってくるので、早いうちから身に付けたいものです。

将来海外で活躍したい英語力のある高校生に対しては、このようなコースも開講されています。

詳しくはコチラをご覧ください!