今年もトビタテ留学の応募が始まります。昨年は、採用511人に対して、2058人の応募があったようです。

先日、高校生のトビタテ留学奨学金の第3期向けの説明会が大阪で開催されました。一部のエージェント向けのは多くはなかったのですが、さすが関西前回もかなりの数が通ってるだけあり(京都37/大阪50/兵庫33/この3県だけでも全体の23%)、関心が高いようで、保護者向けの説明会は、すごく多かったようです。

今回は、2期の募集時からの変更点として、例えば、プロフェッショナルの枠が80人から50人に減り、テイクオフの高2高3が100人から120人 高1が40人から50人と増えましたので、テイクオフだけで170名 留学期間のカウント方法が変更と留学開始可能日が7月1日以降に変更されました。

今年は、またさらにますます倍率上がりそうです。テイクオフで、より多くの子供達にチャンスを与えたいと文科省 官民協働プロジェクト。お金を出していただくわけなのですから、それなりにたくさんの書類を書く必要はありますが、たとえ、通らなくても こういったプロジェクトに申し込みをし、文章にしていくことで、漠然としていた自分の夢が少しずつはっきりしてきたり、自分を見つめ直すきっかけにもなります。

Tobitate ryugaku 2017

Tobitate ryugaku 2017