空色、水色、藍色、瑠璃色、紺色 青色いろんな青があるけれど、どのくらいあるのでしょう。
英国には、ロイヤルブルーの他にケンブリッジブルーっというのとオックスフォードブルーというのがあります。

元々は、1829年のボートレースにさかのぼるようです。オックスフォードのクルーは、ダークブルーのストライプの白いシャツを着て、ケンブリッジは、緋色のサッシュの白を着てたようですが、第2回目の大会の時に薄いライトブルーのリボンがケンブリッジのボートの正面に取り付けられて、それ以降、2つのボートクラブのカラーになったとか。そして、対抗戦に選ばれた選手は、blueの称号が与えられるのです。
ボートに限らず、2校のスクールカラーです。

ところで、サルビアという植物は、赤色しか知らなかったのですが、サルビアパテントには、美しいライトブルーのケンブリッジブルー(実際のケンブリッジブルーは、少し緑みを帯びてるようですが)と呼ばれるものと鮮やかな青のオックスフォードブルーと呼ばれるものがあります。