日本のよくある名前と言えば、鈴木・田中・林・森って何か自然に関係してたりするのも多くあるようですが、イギリスには、自然の他に職業を表すのも多く見受けられます。ハリーポッターもそうで、potterというのは、陶芸家です。この他、英語名でよくあるSmithは、鍛冶屋さんです。

Adam Smithは、イギリスの経営学者です。あとロンドン生まれのブリティッシュアメリカンの女優のElzabeth Taylorは、仕立て屋taylorがついてます。taylorは、スコットランドからの名前のようです。
Butcher肉屋さんが名前にあるのは、シドニーFCのイギリス人マネージャーとして知られるTerry Butcher、Fisher漁師の名前は、イギリスにもありますが、イギリス人の有名人が思いつきません。アメリカのマウンテンバイクの発明者の一人として知られるGary Fisher。

探せばまだまだたくさんありそうですね。

もとの由来は職業の名だったのが、少し派生してスペル少しだけ違うのもあるようです。また、SmithさんもButcherさんもFisherさんもアメリカやカナダやオーストラリアにも渡ったでしょうから、英語圏にはたくさんいそうですね。
なんかいろいろな文化の違いを感じてしまいます。
名前がわからなかったときって、Mr***と職業で読んでいたのが、はじまりなのかなって、勝手に想像をしてしまいます。