北海道には日本各地の地名があるそうです。どうやらそれは、自分らの出身の地の名前をつけたということらしいです。
さて、ニューヨークがイギリスのヨークをもとに新しいヨークということは、知られていますが、それ以外にもそのままイギリスの地名を使っているところがたくさんあります。

ニュージーランドには、イギリスの2つの大学都市Cambridgeとoxford(イギリスはオックスフッドと発音しますが、ニュージーランドはどうか同じかな?)の他にもstratford、Sheffield、Richmond,Hastingsなんかがあります。
アメリカには、Manchester、Bristol、Birmingham、Cambridgeがあります。

Peterboroughは、カナダとオーストラリア(綴りは同じ。オーストラリアは、ピーターバロと発音?)、オーストラリアにNewcastleがあります。

アメリカに多いのは、わかりますが、オーストラリアよりもニュージーランドに多いのはちょっと意外でした。世界中に移り住んだイギリス人も故郷をなつかしみ自分の街の名前をつけたのでしょうね。

オーストラリアは、都市の名前には少なくて、通りの名前なんかについてるようです。