イギリス全寮制ボーディングスクール留学・英国ジュニア夏休みサマースクール・子ども短期&長期留学・トビタテ!留学JAPANを応援するイギリス専門留学エージェント

MENU

交通手段

イギリスの交通手段について

 

鉄道も地下鉄も自動車もイギリスは発祥の地です。地下鉄は、ニューヨークではサブウェイと呼ばれますが、サブウェイは、イギリスでは地下道を指し、アンダーグラウンド、あるいはチューブ(チューブの形をしているから)と呼ばれます。ちなみに、パリだとメトロです。

地下鉄は、改札も一つしかなく、出る時は’WAY OUT’ の方向へ、それ以外は、路線別に色分けされたサインの方に行けば乗り換えも簡単です。地下鉄の駅の中に長いエスカレーターがありますがイギリスでは右側に立ち、左側を急いでいる人のためにあけます。

ロンドン市内は地下鉄が網羅し、バスも便利です。ロンドン市内から地方へは、いくつかのメインの地下鉄の駅に隣接した国鉄あるいは、コーチ(電車より安い)とよばれる長距離バスが出ています。

ロンドン市内の地図は、ロンドンA-Zが便利です。キオスクや書店にあります。 地方に到着したら、まずインフォメーションセンターで地図を手に入れておくと便利です。

ステイ先、学校、日用品のちょっとした買出しなどは、徒歩あるいはバスを利用することもあるかと思いますが、その時の注意点です。ステイ先の住所などはだいたいストリート名になっていますから、ストリートに面して番地があります。ですからストリートさえわかれば、それほど大変ではありません。特に大きな通りは割合簡単に見つけられます。(中にはかなり長い通りもありますが)ただ小さな路地名とかであれば、似たような建物が並ぶ中、角の建物の壁にだいたいついています。

ステイ先の通りにバス停があれば問題ないでしょうが、通りを横切って違う路地から乗る場合などは、ステイ先の人に降りる場所を確認しておくとよいでしょう。地方の場合は、バスのアナウンスが流れませんので、自分で降りる場所を覚えておき、近づいたらベルを押すかない場合は、天井にあるコードのようなところをおしてください。 自信がない方は、バスの運転手さんに行きたい場所を告げて教えてもらうようにしておくといいですよ。イギリスのバスの運転手さんは、親切な人が多いです。また学生証があれば安くなる路線バスのチケットやカードがあります。詳しいことは学校の事務室に尋ねてみるといいでしょう。 ロンドン市内のバスは路線数が多くて複雑です。

ロンドン市内の地下鉄の料金はチケットの種類、カバーするゾーンによっても異なります。

ワンデイトラベルカード、7daysトラベルカード、ファミリーカード、1ヶ月定期などがあり、バスは一日バスパス、バス定期券があります。

ワンデイトラベルカードは、9時半以降しか使えないものもあります。その際、写真が必要な場合もあると思いますが駅の構内でインスタント写真が取れます。申し込み書に学校のサインやスタンプがいる場合もありますので、気をつけてください。手数料は5ポンドぐらいです。ロンドントランスポートに申し込み書を送ったら学生用フォトカードが送られてきます。それをもってトラベルカードを窓口で買えばいいです。バスパスにも使えます。

バス停の前にチケットの販売機がある時はかならず乗車前に買っておきましょう。

EIGOmate UKはトビタテ!留学JAPANを応援中!
トビタテ!留学JAPANの高校生留学、大学生留学を応援しています。イギリス留学エージェントEIGOmate UKはイギリスこども留学、ジュニア留学をサポートしています。
TEL 050-5275-5847 イギリス留学相談:平日のみ10時〜18時

PAGETOP