「新しい人生の始め方」というビデオを見ました。ハーヴィー扮するダスティンホフマンが、ニューヨークから娘のウエディングに出席するためにロンドンを訪れます。

ロケ地がロンドンということで見ました。ストーリーは、推測できる内容ですが、なかなか面白かったです。
CM作曲者のハーヴィーは、離婚していて、娘のウェディングに出席するためにきたものの、自分だけ、ホテルが予約されており、疎外され、遣るせない孤独感を感じます。

しかも仕事も崖っぷちで、居場所がありません。一方、エマトンプソンが演じるケイトは、仕事も性格も地味で、これと言った出会いもない中年女性で、一人暮らしの母からは、よく電話がかかってくるような生活を続けています。

この2人が偶然に出会います。そして、2人の人生にちょっとした刺激を与えられると言った内容です。

そんな中で、アメリカ人のハーヴィーが、イギリス人に対して思う像があり、ケイトに尋ねます。 

英国人の気質を表す表現の中で、a stiff upper lip 硬い唇というのがあり、ハーヴィーがその仕草をして見せます。 keep a stiff upper lip

とは、イギリス人気質を表す表現で、口元を緩めずに、悲しかったり、苦しかったりしても感情を表に出さず、冷静さを失わないという意味です。でもこの中で、ケイトも言っているように ダイアナ妃の死から変わってきているとされています。Dianaficationという言葉もできたぐらいです。

しかし、時には、keep a stiff upper lip 必要な時もありますが。

さすがダスティンホフマンとエマトンプソンです。ビデオもなかなか面白いのでオススメします。