トーマス・ハーディのFar from the madding crowdsが原作のラブロマンスです。
ハーディと言えば、英語や英文科の方は、短編集が、教材などでも馴染みがあるかと思います。

1870年イギリスの南西部ドーセット
キャリーマリガン演じるお転婆で、美人のバスシーバは、叔父の農場を引き継ぐことになります。そして、そこで、再び、オークに出会いますが、二人は立場も違っています。
まだ若いのに農場を経営することになって孤軍奮闘している彼女に、男の人たちが、魅了されていきます。
オスカーにノミネートされたキャリーマリガンが、とても可愛かったですし、Tom sturrdigeは、胸板と腕っぷしがしっかりしてて、どんなと守ってくれる頼れる男性役で、多分、女子だったら、誰しもこういう人に出会いたいと思うんではないでしょうか。

時代は、19世紀ですが、ハーディ原作だけあって、上質のストーリーで、広大なドーセットの美しい景色とともに楽しめると思います。

ロケ地 ドーセット
Mapperton house(ビーミニスター付近)
Sherborne Abbey Castleton Church Abbey close