アメリカでは、”Line:ライン”と言いますがイギリスでは”Queue:キュー”です。そしてイギリス人は、この”Queueing” が大好きです。その光景は、駅のチケット売り場、郵便局などいろいろな場所で見受けられます。

郵便局や銀行、窓口はいくつもあり、番号が付いていて、番号が点滅したり、”Next please.”と呼ばれたりする時に先頭が前に進みますが、列は1つです。

地下鉄(ロンドン地下鉄は世界初)の駅の中にながーいエスカレーターを下から見るとまっすぐに右側に並んでいます。子連れでも子供は、自分の前方右側に立たせ、自分は後方の右に立っている親を見かけます。イギリスでは、右側に立ち、急いでいる人は左側を追い越していきます。