「ルビ」ってイギリス英語?!

宝石のルビーを英語で書くと “Ruby” なのですが、これに別の意味があったとは・・・。

「フリガナをふること」を「ルビをふる」と言うと思うのですが、本来は「ルビー RUBY」からきた言葉でした。イギリスでの “RUBY” とは、宝石の名前以外に5.5ポイントという活字の大きさを指すとのこと。

デジタル大辞泉で『ルビ』を調べると『振り仮名用の活字。また、振り仮名。英国でルビーとよばれた五・五ポイントの欧文活字の大きさが、和文で五号活字の振り仮名として用いた七号活字とほぼ等しかったところからいう。「―を振る」』とありました。

いろいろな英語が日本語で使いやすいような発音でカタカナ言葉になっていますが、『ルビ』はイギリスから輸入された言葉だったのですね。