ゴルフの全英オープン、テニスのウインブルドン、ロンドンマラソンなどのように世界的有名な大会は、ほとんどイギリスでは、行われます。スポーツに限らず、チェルシーフラワーショウなどもあります。

イギリスは、いろいろなものの発祥の地です。英語もそうですが、その他の分野の文化の面でもど、新しいものを昔から生んできているのです。

蒸気機関車のように産業革命の賜物というのがあったのもありますが、切手、地下鉄などの物質的なものから、ボーイスカウト、ガーデニング、バッチフラワーレメディに至るまで、たくさんのものがあります。
会員無料使いたい放題インターネットプロバイダーが出たのもイギリスです。

スポーツに関しては、サッカー(イギリスではフットボールです。ヨーロッパで、サッカーと聞くことはほとんどないです。笑)ラグビー(ラグビーという町があります)ゴルフ、バドミントン、クリケット、ダーツ(パブで始まりました)アーチェリー、ビリヤード、スヌーカー、競馬、F1など現在行われているスポーツの大半がこの国で生まれました。

今やたくさんの国で行われています。

なぜ、そういうのが生まれる土壌なのでしょうか?

イギリスの子供たちは、気軽に外で、フットボールをしています。そして、スポーツ大国ではスポーツ施設は、かなり安く提供されています。

このようにいろいろなものを生んでいる国ですから、教育あるいは、環境の中にオリジナリティを育てる土壌があるのかもしれません。

昔から、留学生を受け入れ、世界に先駆けて、外国人に英語教育をしてきたこの国では、外国人に対しての英語教育がしっかりと確立されています。