イギリス全寮制ボーディングスクール留学・英国ジュニア夏休みサマースクール・子供短期&長期留学・トビタテ!留学JAPANを応援する欧州イギリス専門留学エージェント

MENU

イギリス留学よくある質問

イギリス留学のよくある質問

イギリス留学についてのよくある質問について回答しています。

この他のご質問については、お気軽にイギリス留学相談室までお問い合わせください。

 

どのくらいの期間から留学できるの?
1週間〈5泊)から可能です。短期なら自分の予算、学びたい内容によって決められたらいいのではないでしょうか?気軽に海外旅行に行かれる方がずいぶん増えてきましたが、現地の語学を現地で学ぶことで今までとは違う側面も見えてくるのではないでしょうか。毎年のように1週間の休みを取っていかれる社会人の方も多いです。

 

ひとりで初めての留学なので、不安がいっぱいです。
初めての留学であれば、多かれ少なかれ不安を持っていない人はいないと思いますが、早く友達を作ることで、その不安が少しずつ取り除かれることも多いと思います。他国からの留学生だって、きっとあなたと同じ気持ちです。最初にありったけの勇気を振り絞り、隣の人に声をかけてみましょう。まずは、ひとりから。

もしかしたら、あなたは英語学習だけでなく、ひとりで海外に自分のやりたい事を探しにいくのかもしれませんし、初めてしっかり自分を見つめ直す期間なのかもしれません。

異国で言葉の壁を乗り越え、一緒に悩んだり笑ったりした友達は、国境を越えて生涯の友にもなります。異文化コミュニケーションの中から新しい発見も生まれ、自分の精神面にも自信が持てるようになったり、多少のことでは負けない精神力もついてくることでしょう。

現地での友達のことは準備期間にはわからないことですが、留学に持っていくもの等の留学準備情報や、留学先やホームステイ先での留意点などの知識をつけながら留学準備をしていっている間に、不安な気持ちがあるにしても、少しずつ留学への前向きな気持ちの準備もできていきます。

不安な気持ちなども含めて、EIGOmate UK海外留学アドバイザーにお気軽にご相談ください。留学は準備期間から既に始まっていますので、人生の1ページとなる素晴らしい留学になるように願いながら、留学希望者のご相談を聞かせていただいております。

 

英語力がないので、ちゃんと1人で海外生活ができるか心配です。
自分次第です。 語学学校は初級レベルから受け入れていますので、英語を喋れない留学生も学習しています。初級レベルの人がいきなり何ヶ月かで大学進学レベルまで上達するのは難しいと思いますが、中級レベルの人でも英語を話すのに積極的になれない人は、あっという間に初級レベルだった人に追いつかれてしまうことはよくあります。

特に他国からの留学生が、文法はめちゃくちゃだったのにすぐにコミュニケーションが上手にできるようになっていくのは、間違いを気にせずどんどん話してくからです。『話す量』がかなり違うのです。

英語を口に出す回数をどんどん増やしていくことで、英語を話すための筋肉も発達していき、発音もスムーズになっていきます。

誰でも最初からうまく話したり、聞いたりできません。その点は、学校に英語を学びに行くわけですから、英語講師や学校スッフもよくわかっているので大丈夫です。初めて泳ぎに挑戦する時は、水を飲む覚悟が必要だと思いますが、英語ができなくても少しずつ、1人2人と話していくうちに自信がつき、実力が伸びてくるものです。

ただ現地に行ってから頑張るからと、留学前に何もしなくていいということではありません。現地に入った時から即、英語での生活が始まりますので、簡単な挨拶や、質問のしかた等は覚えておくほうが早く現地生活に慣れるでしょうし、現地でより多くのことを学んでいけるでしょう。

 

日本人が少ない学校に行きたいです。
留学されたい方の大半は、日本人の少ないところを希望されますが、初心者の場合日本人がいれば少なからず安心があり、お互い励ましあうこともできます。逆に日本人がほんの数人という場合に、その日本人同士で気が合うとは限りませんので、逆につらい場合もあります。

時期や場所で異なりますが、日本人はどの地域にもいますし、大切なことはどれだけ自分の中に目的意識を持っているかであり、英語習得の目的意識のしっかりした人は、日本人同士でも英語で話している人もいます。

欧米人からみてもまた、そこにいる日本人が「アジアの人」というぐらいの感覚で、必ずしもあなたが日本人だと気がつかない人はたくさんいますから、日本人同士話す時でもお互い他のアジアの人と話しているつもりで英語を話すのもいいものです。

日本の学校の授業で学んできた英語力で語学学校に入学すると、どうしてもレベルが中級(Intermediate)に偏る傾向があります。そのため、中級レベルで学習すると、『初級や上級レベルよりも多くの日本人が在籍する』という状況になってしまうこともよくあります。そうすると、学校全体の日本人率が低くても、英語力レベルによって「日本人ばかりのクラスだった」という印象を持ってしまうことになるかもしれません。

但し、英語力を磨き上級クラスに上がると、多くの語学学校で日本人は少なくなり、英会話力も高く、自分の意見を英語で言えるクラスメートが多くなる傾向があります。上級レベルで日本人のクラスメートがいればいい刺激にもなり、お互いに切磋琢磨しながら英語力を高めていくことができるでしょう。

クラスに日本人が多いから英語力が伸びないという訳ではありません。それを言い訳にしてしまう留学生がいるのも事実ですが、 クラスに日本人がいる環境でも英語力を伸ばしている留学生もたくさんいます。最終的には、英語環境の生活に、どれだけ自分が英語力を伸ばそうという強い意志をもって臨むかという本人の気持ちの強さにかかってくると思います。

 

渡航する場合日本から持って行く荷物はどうすればいいでしょうか
必ず出発前に航空券にある許容重量を確認してください。現地から出発の際もお土産などが増えたりしますが、スーツケースの超過料金は高額ですし、荷造りをしたスーツケースを空港で開き、荷物を取り出すのは大変です。現地で調達できるものは、現地で調達することを検討したり、あらかじめ梱包し、ステイ先に郵便局や宅配会社を利用して、送ることを検討されてもいいでしょう。

 

学校への通学の方法はどうすればいいですか
滞在する地域によって異なりますが、公的なバスを利用するのが一般的です。登校初日にバスの乗り降りやルート、定期券購入などを現地のエージェントと一緒に確認します。ホストファミリーにより、学校への送り迎えをしてくれる他、徒歩や自転車で通学したり、スクールバスを利用したりと様々です。


 

語学学校の後、専門学校や大学などに進学できますか。
語学のスコアーが一定の基準をクリアすれば簡単に進学できる専門学校、コミュニティーカレッジ〈短大)もあれば、高いスコアと日本での学歴や成績を要求する高等職業専門学校、大学もあります。

語学研修の期間中に基準に満たなくて、留学計画が変わってしまった留学生の例もあります。語学のレベルや目的、期間を事前に調べて、自分に合う予定を立てていく必要がありますので、自分の優先順位を考えながら留学計画を進めていきましょう。

 

ホームステイ滞在で注意することはありますか?
日本にも色々な家族があるように、多国籍のイギリスには、もっといろんな家族がいます。ほとんどの場合が、コミュニケーションそのものが取れていなかったり、コミュニケーションの不足により関係がギクシャクする場合が多いです。

詳しくは、イギリス生活情報(宿泊・滞在方法)をご参照ください。

 

病気になっときは、どうすればいいですか
ホームステイは、あなたを家族の一員として受け入れていますので、対応してくれますので、、ステイ先に具合が悪いことを伝えると、病院の手配や学校に連絡をしてくれるように頼みます。寮のは場合は、先生に伝えて、学校の保健室の先生に見てもらい、必要であれば、病院の手配をしてもらいます。
24時間いつでもエージェントやホストファミリー、ガーディアン、学校の先生など身近な人に連絡をとってください。病院などで緊急な処置が必要なときは、学校からも連絡が入りますので、ご両親にはこちらから連絡いたします。

 

海外の学校でも制服はあるのでしょうか
イギリスの多くの学校で制服があります。

 

高校時の留学中の単位は認められますか
1年間の留学に関しては、昭和63年に定められた学校教育法の新しい規定により、留学期間中の履修を日本の高校の単位として認められることになっています。海外の高校でとった単位を日本の単位で数えて、30単位まで認められます。認められる際に現地での生活についてのレポートや評価表の提出などが義務付けられています。公立と私立で留学中の単位についての考えや扱いが違いますので、留学前にきちんと確認しておくことが大切です。公立高校の場合は、留学先で同等レベルを履修してきたかどうかを帰国後の認定会議で決められるようです。最終的な判断は、在籍する高校の校長が許可した場合ということになります。

 

寮は、何人部屋ですか
通常は、2人部屋、高校2、3年生は、希望により、1人部屋 中学生は、6人から10人部屋の場合もあります。
日本の親がホームステイを訪ねることはできますか
滞在期間の終わりぐらいに行くことをお勧めいたします。滞在国にようやく慣れてきたときにご両親が訪ねれば気持ちが日本に引き戻されてしまうことがあります。同様に適度なEmailや電話でのやりとりにも気をつけましょう。訪問時は、事前にステイ先の許可を得ることを忘れないようにしましょう お子様と同じステイ先に滞在することができるかどうかは、先方に確認が必要ですが、迷惑をかけることないようにホテル滞在したりする方がいいと思います。

 

クレジットカードは必要ですか。
持っていると利点は多いと思います。

海外では日本と違い現金不要の安全性だけでなく、レンタカーなどを借りるときに経済的信用を証明するID(身分証)となるからです。現在はICチップ搭載でより安全性が高まりました。

 

その他にも質問がありますが、どうすればいいですか?
EIGOmate UKの留学相談窓口までお気軽にご相談ください。
先ずは留学相談フォームでお問い合わせください。電話でのイギリス留学相談も可能です。

EIGOmate UKはトビタテ!留学JAPANを応援中!
トビタテ!留学JAPANの高校生留学、大学生留学を応援しています。イギリス留学エージェントEIGOmate UKはイギリスこども留学、ジュニア留学をサポートしています。
TEL & EMAIL SUPPORT 欧州イギリス留学相談:平日のみ 10時〜18時

PAGETOP