イギリスウインブルドンで恒例のテニス大会が始まります。

2016年世界大会が6月27日から7月10日まで開催されます。
四大テニス大会の中でもウインブルドンは、いつまでも聖地で格が一つ上のように感じるのは、1877年から続く伝統のせいでしょうか

テニスウエアは、年々、様変わりし、白が基調のイメージを残す場所は、このウインブルドンの大会だけになってしまったような気がします。

きちんと8ミリに刈り込まれた鮮やかな緑の芝生のウインブルドンセンターコート 白いウェアでの試合は、何やら、厳かで格式の高さを感じます。

一朝早くから並んでとるキューチケットは、第3コート以下のコートしか観戦できないと言われています。

センターコートのチケットは、入手困難とも聞きますが、世界のトッププレーヤーをテニス好きとしては見たいことでしょう。

昨年、ウインブルドンのサイトを見ると世界ランキング5位の錦織選手ですが、昨年は、足を痛めて棄権と成りましたが、今年は、期待してます。

6月18日から6月25日までウインブルドンの前にグランドホテルの裏のデボンシェアパークで開催されます。女子テニスのイーストボーン国際選手権が、1974年から開催されています。この時期イーストボーンにも、テニス好きがたくさん集まります。一流の選手がウインブルドンに挑む前にプレーします。