沖縄のお塩・ぬちマースには、いろいろなミネラル成分が入ってるというので話題になりましたが、イギリスのマルドンクリスタルシーソルトは、味や芸術的な形から世界のシェフたちからも愛用されてるそうです。

イギリスのエセックスのマルドンにあり、創業以来ずっと手作業で作られて、添加物も一切入ってない天然の塩です。海水を巨大な平釜で煮詰めピラミッド型に結晶させたもので、苦味がなく、きらきらときれいで、さくさくとしていてマイルドな味。

フランスのバゲットが、なんで日本のと違うのかなって、友人に言ったときに、塩の種類が違うのが一つあるらしいよって聞いて、その時、初めて塩って世界中どこでも同じ成分じゃないんだっていうのを知りました。

塩って海水からとったり、岩塩だったりするんですね。

ボリビアのウマ二塩湖には、天然の塩でできたホテルがあるらしい。行ってみたい気もします。

日本は、食用は国内のを消費してるようですが、工業用は80%もオーストラリアとメキシコから輸入してるそうですよ。